人気ブログランキング |

網干大教会 月次祭に参拝させて頂きました。

今日は網干大教会の月次祭でした。

第二回福祉大会も執り行われるとの事で、水谷さんもお誘いして、途中一箇所立ち寄らせて頂き、網干大教会へ。

福祉大会は
甲賀部属 美張分教会 杉江健二氏が登壇。
里親活動25年(父親の代からだと40年)されており、現在、教会在住者は25人。
『青少年養育支援センター 養育会』を立ち上げ、子育て支援を筆頭に挙げ、あらゆる相談を受け、不登校の子供達をお預かりする事で、社会に復帰させ、子供達家族のお助けに勤しんで居られます。

☆み☆心に残った事を幾つかピックアップします。。。

☆勝手に『青少年養育支援センター 養育会』と言う会を立ち上げて、紙に書いてピッと貼っただけ。
最初は4階建ての建物なんて無かった。

☆やってる事は、おつとめしようねと、褒める事。
学校に行きなさいとは一度も言った事がない。勝手に行き始める。

☆不登校の原因は『心のエネルギー』が足りない事。➡︎教会に住む事、褒める事で自己肯定感、自尊心を高め、心のエネルギーが満たされていく。

☆その子の世界を一緒に楽しむ事から始め、年数掛けて関係を続ける。➡︎ゲーセンに「何年」も一緒に通うそうです。

☆家族の中だけで孤立してしまうと問題が滞る。第三者の介入が必要。夜中に行政は動かない。警察呼べない。児童相談所も皆無。
困って、教会に連絡が入る。夜中でも行く。
教会に来ると言う事がその世界から出られるキッカケになる。
➡︎子供達の安全安心を守れる場所が教会である。教会は子供達を預かれる場所がある。(そして、用木というお助け人が居る!➡︎これは私の追加です笑)

☆我が子の不登校を通して、、、自分の心の苦しみや葛藤に耐えきれず、その事を伝えた時に、上級の教会長様が涙を流された。自分の為に涙を流してくれる人が居ると嬉しかった。
そして、自分の奢りに気付き、今まで知識や技術で人を助けていると勘違いしていた事に気付いた。本物のお助けが分かった。➡︎この場面は涙腺にきました。心が震えました。

☆空手道場をやっている。100人程集まる。
教会内、青年さんも含め全員黒帯。

☆引きこもり状態。1年間、訪問し声だけ掛け続けた。

☆私達は、けなす事は得意だが、褒める事は苦手。
褒める練習をしましょう。二人ペアになって、何度かセッション。➡︎楽しかったです。教会の月次祭でも取り入れたいです(^^)


☆不登校 17万人
保健室登校 10万人
引きこもり 70万人
ニート 60万人 計157まんにん

f0213562_07084315.jpeg

f0213562_07090172.jpeg

⬆️網阪の橋本先生で、網干大教会福祉部の部長さんです。肝心の先生の登壇写真は話に夢中になり撮り損ねました。。。大教会の月報でご覧下さい^_^


先生の締めの言葉。教会の玄関に貼ってあるそうです!

『今やらずに、いつするの?!自分がやらずにに、誰やるの?』

大変、共感しました!

by tazuru-kyokai | 2018-05-18 22:59 | 月次祭・教会行事 | Comments(0)